lograstudio / Pixabay

基本的な運動であり、分かっているけどなかなか出来ない優れものを選んでみました♪ちなみに、空気を必要とする運動が有酸素運動で必要としないのが無酸素運動です。

補足)ジョギングでもやりすぎると無酸素運動に近くなります。

 

有酸素運動のお勧め3選

 

ジョギング、ウォーキング、ランニング

上この違いが分かりますか?ウォーキングはほぼ歩く早さで行う事なのですが、ジョギングとランニングの定義は走る目的なのです。ジョギングは競技ではなく運動ランニングは目標を設定します。

縄跳び(なわとび)

全身の肉を上下する事でカロリーを消費します。30回も飛ぶとすごくキツイですよ。

水泳(すいえい)

同じく全身運動で体に負担がかかずカロリーを消費するのでとてもお勧めです。

 

無酸素運動のお勧め3選

 

無酸素運動とは筋トレをあらわします。

 

腹筋(ふっきん)

お腹の筋肉を鍛えます、お腹の筋肉を作る事で胃を抑える壁の役目が出来る事から、普段の食べる物も少なくする効果も出てきます。

腕立て伏せ(うでたてふせ)

腕の筋肉と共に全身を伸ばしたままにする事から、全身への筋力強化される効果が期待できます。

スクワット

体の中で一番大きい太ももの筋肉を鍛える事でカロリーを消費しやすくします。スクワットは早くするのではなく5分くらいかけて一回やる事でカロリー消費はアップしますが、かなりキツイです。

 

ダイエットと健康の為に

基本的には継続する事が大変なので、普段の生活に少し上記の事柄を入れて、無理の無い範囲で生活を変えていくことが大事です。

通勤を自転車に変えてみる、会社や家に着く前一駅前で降りて歩く、台所で煮物してる間にスクワットしてみる、階段を上り下りを必要なくてもしてみる。

甘い飲み物は禁止してブラックコーヒーにしたりお茶や水にする事でもダイエットになります。自分で変えられる所は変えていきましょう。

有酸素運動と無酸素運動で分けられてますが、無酸素運動をやってから有酸素運動をするとダイエットに効果的です。

基本的には無酸素運動(筋肉強化)は基礎代謝を上げ、有酸素運動は脂肪を消費します。有酸素運動の目安は走り出して2~30分ほどから脂肪を消費します。やるなら30分を目安にしましょう。

運動の前には必ずストレッチをしてくださいね、体の筋などに「これから動きますよ」と教えないと怪我をする可能性が出てきますので

補足

こうやって健康などの記事を書かせてもらっていると、健康面でも運動は必須なんだなーって思う事もしばしばで、実をいうと私はほぼ毎日のように1万歩あるいてるらしいんですね(歩数計を毎日つけてるので分かるのです)。

それでも血圧は高いままだし痩せないしで結果が出てないのは何故だろうと思ったのです。一般的には一万歩推奨なのに私の体は歩いてない人みたい(汗

旦那さんは普通の人でだいたい毎日7千歩です(普通の男性平均歩数が5~7千歩です)

私は一日仕事だと3万歩も歩いてるらしいんですが、健康面でもダイエット面でも痩せる傾向無しで不思議です。

そういう事があって

必ずしもウォーキングが良いってわけでは無い気がするのです。

恐らくですが上記の事から私の場合、有酸素運動よりも筋トレが効果的なのでは?って思ってます。(きっと基礎代謝が落ちてるんですね・汗)

以上ですが皆様の参考になれば幸いです♪
骨盤ウォーカーベルト

おすすめの記事