考えよう

mo-cya
旦那さんのお母さんはガンになったのに同い年くらいの私のお母さんはすっごく元気なんだよね

忍者
なんか違いがあるのかな・・・?

mo-cya
弟やお父さんはガンになったけどおかあさんだけは元気なんだよね・・・で最近気が付いたんだけどしょっちゅう緑茶を飲んでるんだよね

忍者
緑茶になにか健康になる成分があるのかな?

私達の体は食べ物で出来ている

私達の体は食べたもので健康になったり病気になったりします。

好きな物を食べる事は楽しく嬉しい事なのですが、健康を考えると実は外食などは抑えねばなりません。

読者の人にもコレステロールが高かったり、血糖値が高かったりなんとなく健康診断に行ったら「なんだかヤバイですよ?」みたいに言われる人もいると思うのですが、予備軍なら維持すれば良いのですが完全に糖尿になるともう治りません

一生薬生活が続きます。

私の旦那さんが30歳代後半から糖尿になってもう10年以上たつでしょうか、薬も朝に7種類夕方に一種類とかなんだか病院に行くたびに少しつづ薬が増えているような気がします(汗)

恐ろしい事に薬代も3か月分ですが一度に2万とかします。

薬生活・・・これが一生続くんですよね・・・。

実は今の私の旦那さんは手の動きが悪くて機嫌が悪くなったり、体のあちこちの調子が良くないようです。本当にこれからは食事に気をつけないといけないのです。

最近分かったのですが、糖尿になる人は遺伝もありますが、食生活の意識が無さ過ぎる事が一番原因だと私は実感しています。

何故なら私は旦那さんが晩御飯を献立る時を見てるからです。

好きな物を好きなだけ食べたいのは分かるのですが、見ていて野菜を食事に入れるという頭がまったくありません

旦那さんが食事を作ると何故食卓に肉類しかない?という偏ったおかずになっていていつも「こんな考え方だとそりゃ病気にもなるよ」って思いながら私がサラダを用意しています。

離婚したら一発で後戻りできないくらい酷い糖尿になりそうです(汗)

なので、本当に糖尿など血液による健康を改善しようと思ったら「食事の意識改革が必要」になってきます。

でも自分じゃない相手の考えを改善するという事から難しいんですよね・・・

オリジナル

糖尿病は「贅沢病」とは違うらしいよ?

少し前に政治家さんが「糖尿病は贅沢病で好き勝手食べて病気になったんだから保護してやる必要はない」だとか言っていたらしいですね。

それは実は違うらしいです。

糖尿病は安くカロリーが高い「お米」だとか「ラーメン」だとか「うどん」といった物をたくさん食べて、高価な肉や野菜を食べない偏った食事を好む事から実は「贅沢病」ではなく「貧乏病」らしいのです。

現に諸外国の糖尿病先進国では高価でもバランスの取れた食事を推奨しているそうです。

確かに旦那さんが作る食事にはいつも「野菜」が欠片もありません。納得ですね(汗

悩む

血がサラサラになる食事を心がけているものの以外と難しい

サバやサンマなど青魚や納豆などは血液をさらさらにします。

これって有名な話ですよね?

なので私も出来るだけ納豆を買ったりサバを買って焼いて出したりしますが、一時は良くても一番重要な健康的な食事を継続するという事が難しいと思いませんか?

納豆なんて本当どんな番組にも取り上げられるほどの健康食品ですが、納豆は朝食にするには良いのですが、晩御飯となるとレパートリーに悩む事になります。

スパゲティに納豆とかカレーに納豆とか工夫すれば合うかもしれませんが、レパートリー的に無理に続けても結局は納豆などに飽きてしまう事になります。

朝食でも私達は「パン派」なのでどこで納豆や魚を使う?という事に悩まされます。

以前の私達の晩御飯の傍には常に納豆を置いていて、家族がいつでもが食べられるようにしてはいるものの、お腹いっぱいになって食べない事もザラにあって気が付いたら「納豆の賞味期限が切れている」という事がしょっちゅうありました。

納豆の賞味期限って3日から一週間あれば良いほうですからね。

納豆は冷凍も出来るので冷凍して解凍すれば良いのですが、当日の晩御飯をあらかじめ決めていた場合は解凍して計画的に食べる事も良いのですが、私の場合「その時に安かった食材」で晩御飯を作る為計画的に納豆を消化するというのが苦手w

これらから少し食卓から納豆が消えてゆきました(汗)

そこで考えたのが食べ物で血液でサラサラにするのではなく、飲み物で血液にサラサラにしてゆけば良いという事にいきつきました。

飲み物なら賞味期限が長い為賞味期限を気にする事もなく食卓に置いておくだけでも「誰かが飲んで」くれます。

考えよう

健康的な飲み物でもダメな物はある

続ける健康習慣で飲料が良いと理解しても、こういう飲料は逆にダメっていう場合もあります。

例えば野菜ジュースですが、実際に目の前で野菜をジューサーにかけて作る手作りジュースは面倒ですが栄養価は高いです。

でも市販の野菜ジュースは糖分も高い場合が多いし、体に良い栄養価が十分に吸収する事が出来ません。

そこで先ほど晩御飯で悩む「納豆」や「魚」などの血液サラサラの代わりになって尚且つ晩御飯の時にあっても自然と体に取り入れてくれるお茶が代用になりお勧めなのです。

他のサイトでも緑茶や麦茶ウーロン茶にルイボスティーと良く書かれていますが、糖尿病の旦那をかかえる私が特に良いと思える飲料を二つお勧めしたいと思います。

良い

手軽で特にお勧め飲料厳選二つ

緑茶

よくコンビニなどで「特茶」や「カテキン緑茶」などで健康飲料として売られていますが、この緑茶の素晴らしい効果は特にお勧めしたいです!

  • カテキン=血中コレステロールを下げる作用、悪玉LDLコレステロールの酸化抑制作用もある。
  • テアニン=血圧上昇を抑える作用やリラックス効果がある
  • GABA(ギャバ)=血圧降下作用がある
  • 「β-カロテン」「ビタミンCとE]=コレステロールの酸化を防いで動脈硬化を予防する

テアニンやギャバというのは他のリラックスして安眠出来たり「ストレスの軽減」でもおなじみですね!

ストレス軽減の為のギャバというチョコレート商品もあります。

 

テアニンを摂取することにより、リラックスの指標であるα波の発生が30-40分後に確認されている。50mg摂取では不安傾向の低い人に、200mg摂取では不安傾向の高い人においてもリラックス効果が認められている[4]。
抗ストレスについても同様に効果が確認されている。人にクレペリン型暗算課題でストレスをかけ、ストレス負荷により変動する心拍数、唾液中の免疫グロブリンA、主観的ストレス感をみたところ、テアニン摂取でストレスの抑制が認められている

植物や動物、わたしたちの体内にも広く存在する、天然アミノ酸のひとつ。γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略して、GABA(ギャバ)と呼ばれています。
アミノ酸といえばたんぱく質を構成するものが有名ですが、それらとは異なり、ギャバは主に脳や脊髄で「抑制性の神経伝達物質」として働いています。興奮を鎮めたり、リラックスをもたらしたりする役割を果たしているのです。

他にも緑茶は美肌効果や風邪予防などもあるんですよ♪

緑茶のお勧めな作り方

緑茶の「テアニン」は低温で成分が溶け出す為、沸騰して少しさましたお湯に茶葉を入れる方がテアニンが茶葉から出やすいらしいです。

という事は急須でお茶を入れるという日本古来の物って、本当に健康に良い事だったんですね!

緑茶の効果的な入れ方
低温のお湯に茶葉を入れる
食後に1~2杯飲むようにする

手軽に緑茶を飲みたい場合は粉末がお勧め

よく緑茶でも粉末で売られている物もありますので、手軽に取りたい場合は粉末で飲むようにしましょう。

飲みたい分だけ体に取り入れる事が出来ます。

ミネラル入り麦茶

ルイボスティーとか色々健康的なお茶が出ていますが、私が糖尿を気にする人にお勧めするのが「麦茶」でなくて「ミネラル入りの麦茶

よく熱中症などの対策に麦茶を取り入れられていますが、実は血液をさらさらにする効果もあります。

 

平成11年、農林水産省食品総合研究所の菊池祐二先生と、カゴメ総合研究所により、シリコンチップ上での血液の通過時間を計測する研究が行われ、麦茶を飲むことで血液の流動性が高くなることが発見されました。また、平成15年には、はくばく研究開発部によってこの血流改善効果が、香ばしい匂いの成分であるピラジン類によることが明らかにされ、さらに血圧請降下作用のあるギャバ(GABA)にも注目し、これらの機能性成分を高める研究が進められています。

なので私も最近はミネラル入りの麦茶を職場では飲むようにして、家では温かい緑茶を飲んでます♪
私の経験で恐縮ですが実際に緑茶成分で寝付きが格段に良くなりましたし、血圧も安定しています。
嬉しい

まとめ

糖尿病は実は自分の好きな物だけを食べるという偏った食事をする事でおきます。

私の旦那さんはチャンスがあれば外食しようとするし(外食では塩分もカロリーも高い為、外食の場合は残すぐらいが良いとされています、糖尿病の旦那は大盛頼んで完食しますけど)、自分で食事を作れば何故か野菜を用意しません。

このことから

糖尿病の人や糖尿になりそうな人は「食事の意識改革」が必要なのだと私は思います。

だけど周囲がどれだけ言っても糖尿病の人が理解しないとか食事改善しないのならば、それとなく無意識に毎日食事に取り入れられるようなお茶を変える事がベストな選択になります

それとなく飲料を健康的な物に変える、これだけでも食事に気をつけられない人も血液がサラサラになって体の調子が良くなってゆくでしょう。

ありがとう

おすすめの記事