調べる

最近ワタクシ記事は苦しいながらも書いてアップロードしているものの、自分自身が何を書いているのか自分でもわけわかってない私です

・・・

意味不明ですね(汗

今回は記事を書くってこれで良いのか?って思ったので書いてみようと思います

えーとですねー今回の記事は

The Mona Lisa高齢な人がブログで情報発信しようとしている人には、なるほどって思うかも?ですw

最初にワタシがブログを作ったきっかけが

若い癖に度重なる家族の病での入院でした

その病気について自分自身が勉強しようと思ったと同時に、私や私の家族と同じ症状の人などの人への情報取得の役に立てば良いなって思った事がきっかけだったんですね

私の旦那の血糖値が高いと言われて入院して一年後に心筋梗塞で死にかけの手術

糖尿後、心筋梗塞後の男性の睾丸の手術

糖尿で心筋梗塞後の薬の投与していると簡単な手術でも、軽く見積もって2週間とかかかります

その時の記事にも書いたけど

糖尿でドロドロの血液だと血管が詰まるのですが、心筋梗塞は心臓の血管が詰まって起こる病です

そういった病だと血管にプラークが詰まらないように、血液がサラサラにする薬を投与しないといけないので

そういった薬を飲んでいる患者は

やってしまった手術するとサラサラの血が出血して止まらなくなる為、すぐの手術は危険だからその薬を体から抜くのに2週間くらいかかるんです

そういった事って経験しないと絶対分からないですからね^^;

つまりは

自分自身の経験などを、ブログで書いていこうと思って作って書いていったのですが

それでも医者でない限りは、私達が知っている病気の情報なんて微々たるものです

それから記事作りに行き詰った私は

病気だけでなく、色んな情報を発信してみようと色んな記事を書くようになって、いつのまにか雑記ブログになっていきました

そして

当初ブログを作るにあたって

参考になったブログもたくさんあったのですが

そのどれも

人が欲しがるような情報を出していけば・・・と書かれていました

確かに人が欲しがる情報を書いていけば

おのずと長く読まれるブログになるでしょう

でも書いていくうちにそれは

考えるなんとなく最近ふに落ちないと思ってしまったんですね

例えば、電車に乗っている夢だったり、大きな海で大きな船に乗っている夢だったり

私は

そういった夢って気になる方なので

寝起きなどによくスマホで、よく夢占いをネット検索してみるんですが

そういった事を検索すると、大体においてズラーっとブログ記事が並んでいます

上から順番に1番目・・・2番目・・・3番目・・・と

でも記事内容は

大体においてどのブログにも、同じ内容が書かれているんですよね

まったく同じではなく

大体同じw

つまり検索して情報をゲットしたいけど、ほとんど同じような情報がネットのそこら中に書かれているので

The Mona Lisa私や誰かが今から記事を書こうとする情報などは何番目?ってくらい、ネットで情報を探せばどこにでもあるような情報だと思うんですよね

最近私はニュース記事なども書いていますが、どこかで見た記事って思う人が大半だと思います

自分自身の体験談や誰かの体験談などは希少価値があると思うのですが

どこかの記事をまとめただけの記事っていうのは価値がないように思えて来たんですよね

恐らくブログを書いている人や、これからブログをはじめようかって人もだんだん気が付いてくると思うのですが

例えば株はどの株が良いかとかって思った時の情報源などは私が書くような記事よりも

みんかぶとか見た方が早いってのって思ってしまったり(汗

そうなると結論的に

飽和状態のネットブログの記事の価値っていうのは書く人の気持ちの表現力やオリジナリティなんじゃないかと思うわけです

自分の体験談は価値があるけど、誰かの情報をまとめただけの記事は価値がない

となると

おのずと良いブログにしようと思ったら、自分をさらけ出さないといけない

本当に面白いブログ記事にしようと思ったら

情報を取得しつつ、自分も磨いていかないと面白い話も出来ない

オリジナルどこにでもあるような情報を面白く読んでもらうためには、オリジナリティがあって面白いけど、人の為になるような記事が良いという事になります

という事は

ネットの誰かの言葉でなく

自分の気持ちを出してオリジナリティがある方が共感され面白い記事になるって事だと、私は感じました

他にも

よくブログのプロフィールにブログを書いた人本人の写真画像がのってますが、若い人は良いかもしれませんが

年齢が言っている人には苦痛なんですよ

若い人の画像なら良いけど

おばちゃんやおじさん又はおじいちゃんの画像みて誰が楽しいねんってなるんですって(汗

そういう本人の画像を出せない所も不利ですよね

プログラムを知っているわけでも、占い師でもない人がブログで読まれる記事を書こうと思ったら

それなりに自分を出さないと面白い記事も書けないし誰しもが面白くない

年齢という不利な部分もあるような

そういった人が

これからブログを書こうと思っている人が

もしも記事作りになんとなく、これで良いのかって思ったら

自分の気持ちを書いてみてほしいと思ったんです

そうする事で書く方も読む方も、楽しく出来るんじゃないかと思いました

以前

ブログを書くのに迷った時期に、迷い込んだブログに「ただ愚痴だけを書くブログは読まれる人に対して失礼」という記事を見た事があるのですが

ダメ読む方も勝手なら書く方も勝手だろうって思うのは私だけですか?

誰かのブログの悪口とか逆に聞いていて不愉快だと思いました

私が言うのもなんですけど

人の悪口ってそういうもんですよね?

そういうの書くなら

相手に対して失礼という言い方でなく、ネガティブでなくてポジティブな記事の方が読む方も書く方も楽しいですよーって書いた方が読む方は「イラッ」としないと思うんですよね

つまり

ブログも、人とおしゃべりするのと同じで

悪口ではなく、人と話す時と同じように気をつかいつつ、伝えたら良いという結論に至ります

たかがブログされどブログ

プロフィールに本人画像が出せないような年齢という不利な部分を乗り越えていくのは難しいが、自分が楽しく記事を書けば継続出来る

200記事を突破してようやく、私は継続は力なり!難しいが自分の気持ちを出して、これからも頑張ろう!と思ったのでした

最後までお読みいただきありがとうございました

よりよい記事を書けるように精進します

見捨てないでくださいねー(汗

おすすめの記事