imageneserik / Pixabay

私が30歳くらいで子供も大きくなった頃の話・・・

子供が小さいと働く事って難しいけど、働いて自分のお小遣いが欲しくて新聞配達してました。

家族が寝静まった夜中の4時頃が出勤時間で2時間で終了、私にとってはとても良い時間帯だったし、まだ若かったし良かったんですがある時お腹が痛くなって困ってしまったのです。

市民病院までは遠いし子供も小さく受付終了時間も昼までだったので、旦那様が早く帰宅してくれた時に連れてってもらったのが夕方もやっている個人病院で、旦那さんのお父様がお医者様を気に入って通ってた所だったので診てもらいました。

超音波もしてもらって「石も無いし・・・少し点滴して様子を見てください」と点滴をしてもらい薬も貰って帰ったのでした。

ある時遠くに引っ越すっていう旦那様の友人が家に来て最後なんでマージャンでもして楽しもうって話になり(私もマージャンします・下手くそですけど・汗)

さて皆で朝まで楽しもう~って時に急激にお腹が痛くなり、顔面蒼白になって、これはどうしても病院に行ってもらわないと駄目だ!ってくらい本当に痛くなったんですよ

旦那さんの友人には本当に申し訳なかったのですが、旦那さんに病院に連れてってと懇願しました、耐えられないくらい痛かったからです。

そして夜間診療の市民病院に電話して行って検査して診てもらったら

「これは痛かったでしょう。。。誤診ですね2センチくらいの石がありますよ」だって

そういえば個人病院で診てもらってから、それでも痛いからって新聞配達に行く前に頭痛薬飲んで出勤して帰ってきた頃にお腹痛くなったなぁって思ってたんですよ

あれって不思議ですね

頭痛薬は飲んで直ぐに効くけど、2~3時間で痛み止めの効き目が終わるって分かる痛みが戻ってきた~って感じ(笑

その後、市民病院でする手術の前に個人病院で検査してもらって保険屋さんに手続き資料送ってもらって、あ・私の場合は直接書類を取りにいったんですよね、色々保険屋さんは売りつけようとするから(汗

今の医療って凄いですね、たぶん結石を作る人もそれなりに多いんでしょうね、結石破壊センターだったかな、それようの石を破壊する為の病室(手術室っていうのかな)がありました。

体にメスを入れないで放射線や超音波で体内の石を、体の外から直接石だけを狙って壊すの、そして尿として石を出してしまうのです。

手術の日で石を壊す時に「横になって痛かったら声かけてくださいねー」って先生が出て行ってしまい手術が始まったのですが、手術の時の部屋は私意外誰もいないw

ちなみに

私は声かけなかったんですが、物凄く痛かった!

この手術、普通は痛くないらしいんですよね・・・

石が大きいから超音波などで壊した時に周囲の臓器に当たってしまうんでしょうね

すんごい痛いの(涙

しかーも!大きすぎたのか一回では壊れず二回目の手術へ~こういう場合、生命保険も2回分貰えるんですよ知ってました?入院してなくても手術給付金で貰えるのです。

一回目はメチャ痛かったけど、2~3回目は全然痛くないw

合計で3回手術しました(汗

手術は一回当たり6万で保険金が10万なので差額4万×3回分ゲットw

ま・病院での検査とかの料金がかかるのでもう少し貰った金額は少ないですけど^^;

補足ですが、入院して心配になったからと医療保険を見直そうとしては駄目ですよ~

私の場合ですが

結石を作ったりしたという事はそういう体質で何度も作ってしまうリスクがありますので、保険屋さんからしたら支払いリスクをとりたいので結石を作りやすい人=結石になったら出ない保険を勧められます(マジか

医者さんからは、ほうれん草などを食べると石を作りやすいとか言われましたが、一生食べないわけにはいかないし、作っちゃうもんは作ってしまうんです(笑

それにしても誤診された時は本当に恨んでしまいましたわー、お父様のお気に入りの先生でなかったら訴えてましたよ(怒)本当に!ほんとーに!どんだけ長い間痛かったか!もうすんだ事なので良いですけどっ

前向きに今度からは、お腹痛くなったら石作ったか?と疑いながら生きていこうと思います(笑)

・・・そしてこの経験で

腹痛で病院に行ったとして

超音波で石無いですねーって言われても、信用しちゃいけないなって勉強になりましたYO!(汗

derneuemann / Pixabay

おすすめの記事