The Mona Lisa糖尿になって心筋梗塞になってその後の話しですが

旦那さんが変な事言うんですよ「(男性器の)玉が大きくなってる」と(汗

旦那さんからしたら、痛いわけでもないのでほっといてたみたいなんですが、少しづつ大きくなってるようで、それでも糖尿や心筋梗塞や通院(数ヶ月に一度)で度々仕事を休んでいるので、緊急でもないので行かなかったというのが正しいかもしれません。

あまりに大きくなっている(らしい)のでお正月でもやってる病院を見つけたので二人で正月休みに行ってみたんです。

話は前後しますが、病院行くまえに事前に旦那さんがインターネットでこの症状を調べてたのですが、「男性器の玉の方に体液が溜まって大きくなる病気」だそうで注射器で吸い取って終わりという事で、すぐ終わるだろうって話だったんですよね。

でもそれは・・・普通の人ならね(汗

話を戻します。

お正月に病院に行ってみてもらって先生が言うには「体液が普通なら液体で水っぽい状態なら注射器で終了ですが、固まってぶよぶよな状態なので切って手術しないと取れません」って話はおおごとに(滝汗

職場に申し訳ないから、仕事が少なく落ち着いてる時期にタイミングよく休まないと駄目だし、個人病院ではそういう手術の技術的な機材は無いので、またまた市民病院への招待状を貰って行く事になりました。

さてあっさり手術かと思いきや、検査だけ・・・しかも入院と手術で2週間くらいかかるとか(汗

色々聞いてみると、旦那さんは心筋梗塞で糖尿病です、つまり

血をサラサラにする薬を毎日飲み続けているのです、つまり

いきなり手術をすれば血が止まらなくなり大変な事になるのです!

心筋梗塞での血をサラサラにする薬を点滴で抜いて一週間後に手術って事は、痛くも痒くも無い状態での入院だからか、旦那さんもヒマすぎて私にラインやら、今日は来ないの?とかアレ持ってきてだの・・・もうね、ウルサイ!こっちはヒマじゃない!ってメッチャ言いたかったです(涙

そして手術日が朝からで昼から仕事だったので、私が仕事で居てあげられない時は義理の姉がいててもらえたので助かりました。

その後病院と仕事で疲れてたものの、そのまま帰宅したらずっと見てもらってた義理の姉と旦那に申し訳ないような気がして病院へ行きました。

上手くいったら3日後には帰られるねって話をしてたのですが、次の日の朝(休みでした)のんびりしてたら電話がかかってきて、旦那の玉(←なんて言ったらいいんですかね?)がメッチャ大きくなって朝の9時から再手術と言われました。

寝耳に水とはこの事でメッチャびっくりして一応前から言われてた退院の時のお金を用意して直ぐに病院に行って9時過ぎに再手術して落ち着きましたけども、再手術はまさかでしたね~本当にこういう事もあるもんなんですね。

退院の後に定期健診(糖尿&心臓)の病院に行ったら「貧血ですね」って

そりゃそうでしょね(笑

おすすめの記事