qimono / Pixabay

最近風邪が流行っています。

歳をとるほどに治りにくくなってしまうので、風邪の予防は大事デスよ!

風邪の正体

実は風邪っていう病気って無いんですよね

風邪という定義は主にウイルス感染によって起きる上気道を中心とした急性炎症です。

上気道というのは、鼻から喉までの部分を言い。喉から肺までを下気道とよんでいます。

つまり鼻から喉にかけて起こった炎症の事を風邪と呼んでいるのです。

肺にまで炎症が広がると咳きや痰などの症状が現れます。

日本人は年に5~6回風邪をひくといわれています。

咳きや発熱といった風邪の正体は、ウイルスが体内に入った時、体の免疫力がウイルスと戦おうとする行為その物という事でもあります。

ウイルスは熱に弱いので、体が絶えうる温度で戦おうとするのが発熱です

咳きも喉のウイルスを排除しようとする体の防衛機能であり、それを止めようとするという事は体が戦ってるのを邪魔してるという事になりますね^^;

風邪とインフルエンザの違い

風邪の症状

  • 咳き
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • のどの痛み
  • 38度以下の発熱

インフルエンザの症状

  • 38度以上の高熱
  • 悪寒
  • だるさ
  • 頭痛
  • 関節痛
  • 筋肉痛

インフルエンザの検査は15分から30分でわかりますし、48時間以内ならインフルエンザに有効な薬もあるので、高熱が出た場合は早めの受診をする事をお奨めします。

風邪になる原因はどこからくるのか

皮膚は非常につよいバリアーで守られており、皮膚からウイルスが入る事はありません。

皮膚が無い場所

それは目や鼻や口からウイルスが入ります。(肛門からも入ります)

その中で一番の感染経路がずっと空気を吸い込んでいるです。

つまり鼻が一番感染しやすい場所という事です。

 風邪の予防法

風邪やインフルエンザなどにかかると医療費もかかるし、仕事や勉強などやる事も多いのに大変ですよね、そんな風邪を引かないように予防法をまとめました。

  • 手を洗う
  • 帰宅したらうがいをする
  • マスクをする
  • 鼻うがいをする
  • 規則正しい生活をする
  • 十分な睡眠をとる

上記で手を洗うとうがいは当たり前なのですが

一番のお奨めは風邪の季節になったらマスクと鼻うがいをする事です。

乾燥する季節に風邪はなりやすく、加湿する事が大事になってきます。その為、マスクする事で外部からのウイルスを寄せ付けないだけでなく、自分の息で喉を潤す事でウイルスの感染をより強固に予防する事が出来ます。

ちなみに

風邪をひいて喉が痛い時にも、マスクをして寝ると喉の痛みを軽くする効果もありますよ^^b

マスクは鼻までキッチリ隠してくださいね。

鼻うがいは、今は痛くない市販の薬も出ています。

市販の薬以外で家にあるものでうがいをする場合

真水だとツーんと鼻が痛くなるので

0.9%の食塩が入った人肌の温度のぬるま湯(食塩水)を用意します。

100円均一などで、化粧水ボトル(おすと液体が飛び出る物が良い)などに食塩水を入れ、噴水のように食塩水を出して鼻を洗浄しましょう。

この時食塩水を飲まないように気をつけましょうね。

目や鼻と耳は繋がっている為、鼻を洗浄する時は頭をふらないように気をつけましょう。

耳に入ったら中耳炎になる恐れもありますからね。

 もしも風邪になったら

昔は風邪になった時に抗生物質などをお医者さんが出してくれていたのですが、抗生物質は細菌に効くのであって、ウイルスには効きません。

その為

2018年の4月には厚労省から風邪の際に抗生物質を処方しないようにという通達がされているので、抗生物質は出される事がなくなりました(汗

私もたまにやってるんですが、風邪の兆候ってありますよね?

朝起きたらちょっと喉が痛い・・・ような?違うような?って風邪が表に出てくる前にガツンと市販の風邪薬を飲んじゃうんです。

これで風邪を本格的にひくのは前よりもかなり少なくなりましたが

それでも5回やって1回は本格的な風邪をひいちゃったりします。(防衛しきれなかったw

防衛しきれずに本格的な風邪をひいた場合

一番早く治す為には

水分をとって、シッカリ寝て自分の免疫力で風邪と戦うに限ります。(インフルエンザの疑いがある場合を除く)

水分を取るのでもアクエリアスなどではなく、必ずポカリにしてくださいね。

実はポカリスエットは医療現場で点滴としても使えるくらい、体が水分を摂取するのに適した、とても素晴らしい飲料なのです!

ちなみに

他のスポーツドリンクは下手したら体の水分を補給するどころか、体の水分を出してしまいかねないので、風邪の時は必ずポカリを選ぶようにしてくだいね!

そして部屋の加湿をするか、マスクをして自分の息で自分の喉を潤しながら、シッカリ休養しましょう。

たくさん水分補給して尿からたーっくさんウイルスを出す事で

薬で治そうとするよりもはるかに早く治りますよ♪

ちなみに間違った考えで

風邪を治そうと休養する時に、布団をたくさんかぶって汗を出したら汗からウイルスが出るというのは、ほぼ迷信です。

汗からも出るかもしれませんが、ウイルスや細菌の多くは便や尿から出ていきますので、お布団をかぶりすぎて汗で寝苦しいのは今の常識ではナンセンスなのです。

もう一つ注意として

風邪の時のお風呂!熱が無い場合の風邪には逆にお風呂に入った方が喉に潤いを与え、尚且つ体の雑菌を排除するので良いのですが、熱がある風邪の場合は、湯船に入るのは良いとしても髪の毛を洗うと湯冷めしやすいのでお奨めできません。(湯冷めすると酷くなるよ)

どうしてもお風呂に入りたい場合は

髪の毛を洗わずに体だけ洗って、体を乾かした後はすぐ寝るのがお奨めです。

もし熱で苦しくて熱を下げたい場合

脇の下につめたい物を挟みましょう。脇には大きな血管が通っているので熱が下がっていきます。

それから

喉の痛みに

はちみつの殺菌作用と大根の消炎作用がある「はちみつ大根」もお奨めです

のど飴よりも喉の痛みにメッチャ効きますョ!

作り方は薄くいちょう切りにした大根をタッパーに入れてはちみつを入れて、蜂蜜のドロッとした液体がサラサラになったら出来上がりです。

およそ3~5時間くらいで出来ます。

以上です。^^

ちなみに今私は、風邪をひいてしまったのですが、その背景が旦那にありそうなんですよねー

家族で風邪をひいている場合

引いているほうが気をつかうと思うんですけど

旦那はワザとなのか?風邪ひいてるくせにマスクをはずして話しかけるとか・・・

私が「風邪が移るから話しかけんとって」って言ったら恐らく喧嘩になるかなって思って言えなくて、こっちに風邪がうつったっぽいんですよね(涙

そういうの察して欲しいわーと願う今日この頃ですw

ちなみに昔あった事で

息子が風邪をひく→息子が治ると同時に旦那が風邪をひく→旦那が治ると同時に私が風邪を引く

そして私の風邪は何故かなかなか治らないとか、ありました(あるあるパターンですかね?

なので

皆さんは自分が風邪をひいている場合、一緒に住んでいる家族には超がつくほど気を使ってくださいね!

geralt / Pixabay

おすすめの記事