The Mona Lisa
税金って聞くと取られるって気持ちになりますが、国が道路や標識や生活での保障をする上でどうしても必要な物です、海外などでは日本よりも高額な税金でそれでも国民は幸せだったりします。

でもそれにはちゃんと理由があったりするのです。

世界の所得税率
10位アイルランド

年収450万以上で所得税が48%

法人税は12%なので経営者に優しい国である事が分かります。

そして食品には税金がかかりません。

 

9位フィンランド

年収967万以上で所得税49.2%

フィンランドは高収入者から税金を多く取るらしいです。

フィンランドでは教育水準を高める為学校の先生に充てる割合が大きいそうです。

 

8位イギリス

年収2600万以上で所得税50%

ただし!高額所得者が50%ですが、14000米ドル以下の収入の場合税金がかかりません。

って事はイギリスは低所得者に優しい国といえそうです。

お金持ちだと目茶目茶税金で持ってかれますが

その分医療費が0円なので不満も出ないそうです。

 

7位日本

年収4000万以上で所得税45%

年収が1800万円を超えると一気に税金が上昇し40%になります。

 

6位オーストリア

年収826万以上で所得税50%法人税25%

オーストリアの人口は少ない為高額になってしまいます。

しかも色んな物に税金がかかってます(汗

低迷してる経済を活性化する為の高額な税率ですね。

 

5位ベルギー

年収475万以上で所得税50%

ベルギーはヨーロッパ諸国の人達が「ホーム」と呼ぶくらい居心地が良いそうで、税金が高い理由は手厚い社会保障と難民受け入れがある為です。

補足)

消費税は新聞や雑誌などは0%食品や薬は6%レストランは12%アルコールは21%と細かく分類されてます。

 

4位オランダ

年収828万までが36.55%超えると所得税52%

低所得者には健康保険を含む各種費用が払い戻しになってはいるものの非課税が無いそうです。

 

3位デンマーク

国民1人あたり所得税55.38%

人口570万という小さな国家を1人1人が高額な税金を払いながら支えてるものの、生涯的に保障された生活が約束されている為、デンマークでは世界で一番幸せな国民にも選ばれているほどなので、税金は高額でも国民に不満は無いそうです。

 

2位スウェーデン

最大所得税は56.6%

しかも消費税は一律25%と超高額ですが、国民の満足度はとても高いです

医療費、教育費(小中高校生・大学まですべて)無料、年金はもらえるし、出産費用も無料、ベビーカーを押す母親は市営バスが無料で相続税も無し、さらに子供が8歳になるまで480日の休暇が取れる。

 

国民が文句なんか言えるはずもない良い税金の使われ方ですね!

 

1位アルバ

税率58.95%

カリビアンに浮かぶ美しい国で世界一税金の高い国ではあるが、オランダの教育方針を取り入れ、整備されたインフラ、カリビアン諸国の中でももっとも収入が高い人達が暮らしている事でも良く知られています。

つまり国民がお金持ちばかりなのです。

 

MichaelGaida / Pixabay

逆に所得税が少ない国

 

香港

香港の所得税率は最高でも17%で香港自体も国が小さい為住民税などもありません。また税率は2種類あり自分で有利な方を選ぶ事が出来ます。

中流家庭の場合はあまり変わらないかもしれませんが、お金持ちだと他の国では50%取られるのに対して20%を切るというのは魅力的なようです。

所得税には基礎控除もあり独身の場合は150万、結婚して子供がいない場合は300万が控除になります。つまりこの金額以下だと無税という事になります。

日本の控除と比較すると配偶者控除が日本では38万に対して香港は300万(←ぇ?)、子供扶養控除も日本は廃止されたのに対して香港は1人あたり84万も控除されます。

ただし物価は高いです(汗

 

シンガポール

所得税の最高税率は21%なので住民税と合わせると50%も取られる日本よりシンガポールに住みたいと考える人も多くいるようです。

 

ドバイ

アラブ首長国連邦を構成する7つの首長国の一つです。所得税はなんと0%つまり無いって事です。

しかも法人税もありません。石油で潤っている為税金というものがほとんどありません。ただし

仕事が見つからなければ長期滞在のビザが下りる可能性が低いです。

しかも土地が狭い為、住宅の価格が非常に高いです。

ちなみに治安も日本より良く、布で顔を隠す必要も無い為外国人にとっても住みやすい国になったそうです。

 

秒速で一億を稼ぐ男としてテレビに出ていた与沢翼さんがドバイで住んでる事で有名ですね、数年前にドバイに住んでいるとテレビで出てたのですが、その時に仮想通貨の事を話してらっしゃったんですよね、そして数年後に仮想通貨で億り人とかいう言葉が流行りました。

ちなみにその時に与沢翼さんが、ドバイで土地を数千万で買って住んでるとか言ってました。FXなどで多くを稼ぐ為、高額な土地代より所得税が無税な方が良いという事ですね。

 

税金は仕方がないとしても国民の為に使われていれば文句も言いませんよね、でも何故そこに使う?とか税金がどこに行ったのか?とか

税金の用途が国民が知らないのは疑問に思います。

(知らせてるかもしれませんが「大々的に」では無いですよね)

それに

例えば免許の更新代や各種資格の更新代、あれって何処に使われてるんでしょうね?どこかに資金の使われ方とか公表してます?税金は公表しててもこういうのは隠してどこかの資金になってるんじゃないでしょうね?

って思っちゃうんですけど・私だけですかね?^^;

それとも私が知らないだけかしら(汗

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^ありがとう

おすすめの記事