The Mona Lisa少し前になりますが、ジムに通ってたんですよ毎日通ってたのですが、ほとんどお風呂に入りにいってたような感じで全然痩せないんですよね、それで後から知った事が

脂肪を燃焼する為の有酸素運動は心拍数がとても関係していると(汗

確かにジムの自転車みたいにこぐ機械に、心拍数や脈拍を測る物がついていて常につけて運動するという感じでした、この事実を知ってたらもっと効率よく脂肪を燃焼出来たのにと思いました。

有酸素運動は脂肪の燃焼してくれる運動として知られていますが、燃焼し始めるのが運動し始めてから2~30分後で心拍数の脂肪の燃焼しやすいゾーンがあるのはあまり知られていません。

心拍数によって有酸素運動をしているつもりでも実際には無酸素運動になっている場合がある為、脂肪を燃焼していない事があるのです。

つまり心拍数は高すぎても低すぎても脂肪は燃焼しないという事です。

把握するといってもそんなに難しくはなく最大心拍数の40~65%を目指していれば大丈夫なのでがんばりましょう。

ちなみに心拍数が85%になると無酸素運動になり脂肪を燃焼してくれません。

自分の最大心拍数を知る事が大事で、実際に測る事は難しいので計算にて把握していきましょう。

 

最大心拍数の計算方法

220-(自分の年齢)=最大心拍数

になります。

 

例えば年齢が40歳として220-40=180×0.6=108

で108が有酸素運動を続けるにあたって脂肪の燃焼しやすい心拍数になります。

 

私の場合ですが、平常時の心拍数が7~80でしたので、少し息が切れるくらいが燃焼しやすいのでしょうね。

ちなみに、安静時の心拍数には日頃の運動量によって個人差があります、運動をしている人ほど心拍数は少ないです、これは心臓が元気なので一度に送り出す血液の量が多いという事を示してます。

 

脂肪を燃焼する為ならば45%~65%

スタミナをつける為ならば60~85%

 

を目指しましょう。

 

無理にいきなり上げると続かないので、最初は45%くらいから12週間で60%くらいまで上げるようにゆっくりペースで上げていきましょう。

 

補足として

いくら燃焼しやすいからと食事に気をつけないのは本末転倒なので、食事療法と平行して運動しましょう、少し大変かもしれませんが、痩せる人が多い為知っておいて損は無いと思われます。

ちなみに私は今もつけてるのですが、心拍数計付の万歩計で色々な機能がついていて、心拍数だけではなく睡眠時間や一日歩いた歩数などを知る上で便利なのでお勧めです。

(色々な機能というのはスマホと連動している為ラインやメールや電話も通知してくれたりします)

それに、やるならば効率よく脂肪を燃焼したいですしね^^b

生漢煎 防風通聖散

おすすめの記事