MabelAmber / Pixabay

年金もあてにできない現状が出てきました。老後不安は

これを読んでいる貴方も私も若い人も中年も同じ切実な問題です。

色々と調べて考えてみたいと思います。

老後に必要な金額

おおよそ退職までに老後資金は3000万の貯金が必要と言われています。

これは今までの一般的な金額です

でもアンケートでの調査で退職後に必要な金額は

男性が5500万ほど、女性が4500万ほど

夫婦でのおおよそで一億が必要と大体の人が考えられているようです(汗

これは

退職金意外での必要額ですからね?

というか

そんなに貯められるのかな?

そして退職金が希望どうりに、たくさんくれるのかな?

それに20年後や30年後に

年金・・・ちゃんともらえるのかな?

因みに

自営業の生涯賃金が1億5000万ほどで

年収400万の人が40年勤務で1億6000万ほどです。

ただ・・・

かといって今を切り詰めてギリギリの生活を毎日送って、希望どうりのお金が貯まったとしても

体は老化して動かないのにお金はあるという

私の人生なんだったの?という事になりかねないような気がするのは私だけでしょうか?(汗

何処まで働くのか

最近は人生100年時代に突入と言われ、60歳での退職は若すぎる退職という感じになってきました。

国の年金も60歳から65歳へ65歳か70歳へと、今じゃ支給開始が遅くなるほど年金が多くもらえる・・・とかも言われるようになりました。

これらも含め

健康であるのならば

ボケたり寝たきりになったりしないように60歳以降も出来るだけ働く方が良いように思います。

私ももう来なくても良いよと言われるまで頑張ろうかなって思ってますが

私が思うに

働くのはパートとか会社員一つではなく

副業としてネットでの働き方を考えるのも良いのではないでしょうか?

つまり

老後であろうがなかろうが

収入源は複数ある方が安心だと思います。

お金の無い老人が喜んで犯罪へいく現実

最近、年金を少ししか払ってなくてお金が無い人がどうなるのかという動画を見たのですが

もしも家族もいなくて家に物もなくて、本当にお金が無い場合

老人の犯罪者が増えるようです

普通に考えて

それは世の常だなって思うでしょう?ちょっと違うんですよ(汗

単純に

お金が無くてそこらへんでゴロ寝するより牢屋の方が快適だからです

だってゴミを漁らなくても良いですよね?

食べ物を探さなくても三食付いて、ちゃんとした布団で寝られて少し働ける

老後貧困で困っている人にとって

日本の牢屋の方が快適で天国って事です(汗

ちなみに、もしも

体が動かない老人が牢屋に入ってきたら

実は警察が介護の人を雇って犯罪者の老人を介護したりしますw

なんだかおかしな世の中になってきましたよね(汗

もう理解してる人もいると思いますが

警察の牢屋で支給されている食事も寝床も介護でのお金も

国民が払っている税金です(汗

そのうち

犯罪者の為の牢屋=介護施設

なんて事になったりしたら怖いですね

覚えていてほしいイザという時の職業

皆さんは働くという事で頭や体を動かしていますが

もしも老化で体や頭が動かなくなった場合

どこで働こうかなって考えると思います。

そんな時

思い出してほしい職業が「管理人」という職業

特にお奨めなのが国の公民館の管理人

あまり知られてはいませんが、一般公募もしています。

現在住んでいる管理人が辞めたがらない為、募集は物凄く少ないと思われますが(汗

公民館なので、選挙の時意外はほとんど人(お客)が来ないので仕事は超がつくほど楽です。(主に掃除

しかも

家賃無料(住む=管理だから)、電気ガス水道無料(まれに有料の場所もあるようです)

あーんど毎月手当てが支給されます(少ないですが三ヶ月に一度の支給)

ただ公民館の公募は夫婦でないと入れない規定があったりします。

というのは一人で管理していて何かあった時に困るからでしょうね(汗

他にも管理人という職業はマンションなどで

夫婦でなくても1人でもOKという所もあるかと思いますので

老後貧困にあえいでいる人には、ぜひ検討していってほしいなって思います。

だって

住む場所があるから家賃を考えなくて良くて、職場(マンションなど)が目の前なんて

貯金もなくて年金の無い老後で、寒い外の公園で住む・・・とういうよりは

全然快適なんじゃないでしょうか?

それに体が動かなくなった老後も働けたりするんだ・・・と理解すれば

老後への不安も無くなって

なにも必死に

一億を貯めなくても良いような気がしてきませんか?

注)

一億を貯めるなと言っているわけではないです

知る事で老後不安は解消されるよねという事です

以上です

皆様の未来が輝かしい未来でありますように

そして 皆様の「なるほど!」になれば幸いです

最期までお読みいただきありがとうございました(ペコり

congerdesign / Pixabay

おすすめの記事