Ronile / Pixabay

最近アメリカと中国は貿易戦争をやりあってますね

確かに中国は日本のキャラクターの真似したり、知的侵害していたのは知ってたので、中国が悪いのかなーって思ってたんですが、この貿易戦争の元をよくよく調べてみると実はアメリカの黒い罠があったのでした(汗

中国がアメリカの約束をやぶった?

アメリカが出してきた協議

1、合意後の追加関税の即時撤廃

2、アメリカ製品の輸入規模縮小

3、協定本文での中国主権と尊厳の尊重

れらを中国に求めました、

ですが、中国から帰ってきた修正文書は

1、知的財産・企業秘密の保護

2、技術の強制移転

3、競争政策

4、金融サービス市場へのアクセス

5、為替操作

と、アメリカが要求した「法律改正の約束」を撤回する内容だった為、今回の米中の貿易戦争が起きました。

gfkDSGN / Pixabay

それまで、トランプさんは「歴史的な取引は間近だ」と約束を破らないだろうと思っていての「ビンタ」だった為「関税引き上げじゃぁあああ」となったわけですねw

↑これだけみていたら

確かにトランプさんの言うとうり「中国は約束を破った」という事になります。

でも

何故中国は約束を破るような事をしたのでしょうか?

以前にもあったアメリカの協議による策略

実は同じような事が1980年の「日米半導体摩擦と酷使」していたから中国がそれを学んだという話が出ています。

5G半導体って聞いた事ありますよね?

私も昔聞いた事があったのですが

1980年の日本とアメリカの、日米半導体協議で協定文書によって、日本はアメリカに身ぐるみをはがされ、結局デジタル経済で完全に後れをとってしまった

らしいです。事の発端は

日米は1986年7月

1、日本は国内ユーザーに対して外国製品半導体の活用を推奨

2、日本政府は対米輸出される6品目の半導体のコストと価格を監視

3、米商務省はダンピング調査を中断

などを盛り込んだ「日米半導体協定」に日本は調印した

だけど、摩擦は消えない・・・

レーガン米政権は善翌1987年4月に「日本市場での米製品のシェアが拡大していない」という理由で日本性のパソコン、電動工具、カラーテレビなどに関税100%に引き上げる措置を発動したのです。

100%て(汗)・・・まぁ2ヶ月後の6月に解除しているようですが

StockSnap / Pixabay

この協定がもとに、日本は対日アクセス促進措置をとるなど、協定に従って次々に妥協を強いられていきます。結局、協定が1996年7月に失効するまで約20年かかったのです。

この事から、つまり

アメリカは成長率の高い国の足をひっぱる事で世界経済大国1位を守ってきたという事になります。

そんな日米での日本の失敗を中国は見ているわけですから、中国さんがアメリカに対してそんなのは「嫌だ!」となるのは当たり前かもしれませんね

確実にアメリカは中国に経済大国として逆転される焦り

中国がこのまま6%台の成長を維持すれば、およそ10年で世界経済大国としてアメリカは負けてしまい逆転されます。

↑この経済成長ですが、実はアメリカの2倍の速さで成長してってんですよ

人口密度が凄いし中国の人は爆買いするので、経済成長も早いって事なんでしょうが・・・少し怖いですねw

それに日本にかけた罠をまた出してくるとわー良い度胸じゃないか!と言わんばかりの中国さんの協定拒否w

アメリカが中国に8割を輸入依存している「レアメタル」という強みもありますから(実は輸入制限するぞって話しも中国がアメリカにちらつかせた)、もしかしたらアメリカは貿易戦争では負けるかもしれませんね。

でも知的侵害などを考えると日本は中国よりもアメリカに勝って欲しいみたいです。

そんな二国間の間に挟まれて困った韓国

あんまり2国間の争いには関係ないんですが、このアメリカと中国の貿易戦争やトラブルで、かなり困ってしまったのが実は韓国だったりしますw

だって

韓国は経済面で中国に依存して、国の安全保障面でアメリカに依存してるんですよ?

喧嘩されても、どっちにも良い顔も悪い顔も出来ないという・・・

Free-Photos / Pixabay

最近は

中国に歩み寄ったからって、トランプさんが韓国の文大統領に対して冷たくなってしまったわけだし

韓国は日本とも喧嘩してるし、ますます孤立してしままってますよね(汗

ヘタしたら韓国だけの首脳会議もあるかも?って話をネットのニュースで見ました(どんな会議だw

まとめ

調べてみて、中国もアメリカもどっちもどっちなんですけど、どうもトランプさんの行動には少し違和感があるというか、アメリカが一位を維持する為に、他の国の足をひっぱって自国の利益の為に色んな策略をしているというか

私的に、なーんか嫌な感じがしてます。

それはトランプさんと安部さんが仲良くなった

・・・のは良いのですが、ちょっとソレは違うんじゃないかなーという事を2人して実行しちゃっていたからです。

ちょこっとだけ話すと日本の総理大臣である安部さんが、アメリカの大統領のトランプさんの言いなりになってません?って話なんですが

その話はまた今度書きますのでお楽しみにしてくださいませ(ぇ?楽しみでない?w

少しでも皆様の知識になれば幸いです

最期までお読みいただき、ありがとうございました

RyanMcGuire / Pixabay

おすすめの記事