JackThanantorn / Pixabay

皆様はぎっくり腰になった事はありますか?私はなりかけた事はあります。

でもぎっくり腰にもしなったら酷くなる場合があるらしいのですが、私の場合一瞬の痛みだけで終わりましたし、それから発症してません、対処が良かったのかなって思います。

ぎっくり腰の正式名称は「急性腰痛症」で、欧米では「魔女の一撃」と呼ばれており、突然激痛がやってくる事を「魔女がやってきたと比喩した事が始まりです。

そう例えられる激痛は重度になるとその場で立てなくなったり寝返りが出来なくなったりします。

原因は人により「骨のゆがみ」「腰の筋肉の衰え」「過度の筋肉の負荷」などで様々で腰に異常なストレスがかかってる時に発症します。

つまり、若くても運動を十分にしていても、腰に負担が蓄積されるとぎっくり腰になる可能性があるという事です。

どれくらいで治るのかというと、個人差はありますが2~3日くらいで終わります。10日ほど痛みが続きますが最低でも2週間で完治と思った方が良いでしょう。

もしもぎっくり腰になった場合、早めに整形外科などに診てもらってください。

ぎっくり腰になって痛いけど動けるからと無理して動いてしまうと、痛みの原因である炎症物質がどんどん拡大していってしまいますので動ける初日のうちに処置してもらってくださいね。

もしも休日や深夜などでぎっくり腰になってしまった場合、患部を冷やして安静にしていてください。

一般的には腰を痛めてから48時間は炎症物質が出続けるといわれています。この炎症物質は冷やすことである程度抑えられるので「ぎっくり腰」の初期は患部を冷やす事に徹してください。

炎症物質は冷やすと収まりますがが、温めると逆に広がってしまうので、からだを温める入浴はぎっくり腰になった直ぐ後は絶対駄目なので、ぎっくり腰になった日はシャワーなどだけにしましょう。

コルセットも腰の動きをサポートしますが、いつまでもつけていると筋肉が弱りまたぎっくり腰の原因になります。

ぎっくり腰をした後は安静にしなくてはいけませんが、発症から2~3日後は動かせる所から少しづつ動かしていきましょう。

 

ぎっくり腰の応急処置

仰向けに寝て膝を立てる事(足の下に座布団などを入れましょう)

横向きでもOK

 

ぎっくり腰は一度なってしまうとしばらく激痛になります。

そうならない為にも筋肉の負荷をほぐしたりしていきましょう。

 

予防法

  1. 無理な姿勢をしない(前かがみなど)
  2. 肥満を防ぐ(腰の負担を軽くする)
  3. 適度な運動をする(腰周りの筋肉をつける事でサポートする力を養いましょう)

 

ぎっくり腰を経験すると一年未満で4分の1で再発すると言われています。

急に動けなくなるって本当に嫌ですよね、そうならない為にも予防は大事ですね。

 

おまけ

私がぎっくり腰になりかけた時ですが、30歳の時の職場の冷凍室で荷物の整理をしていた時でした。

重い荷物かと思ってたら軽い箱たった時、瞬間的な腰の痛みに「ヤバッ」って思って少しの間動きませんでした、それが良かったみたいですが、もし冷凍室でぎっくり腰になってたら・・・とメッチャ怖いですよね^^;

最近も腰がたまに腰痛?ぎっくり腰の前兆?みたいな痛みがあったりして、仕事でも重い荷物を運ぶ事も多々ありますので、気をつけたいと思います。

おすすめの記事