ronymichaud / Pixabay

水を購入しても災害が続けばいずれ無くなる現実

日本は地震が多い国ですが、その為非常用の水を買っている人もたくさんいてると思います。

私もその一人でした

でも、最近消費税アップとペットボトル飲料の値上げでちょっと買えないなーって思う事もしばしば

で、最近よくよく考えたら、戦争や大きな地震などの非常事態になった時、その水は最初の頃はやくにたっても

貯蔵していた水は、長期間だといずれ無くなって苦しくなるのではないかと思いました。

また、突発的な地震の時に大量の水を持ち運ぶ事なんて力持ちだったとしてもお荷物になるし逃げられない・・・

水の確保は重要だけれども結局は一時しのぎで、いざ2~3日じっとしてなければいけないという時はすぐに水はなくなるだろうし

逃げなければいけないときに、備蓄しておいた水を持って逃げる事なんて、出来るわけがないとも思いました。

きっと

持って行ってもそれでも一時しのぎですよね^^;

そんな時

目の前にあるもので飲める飲料を作れる知恵を覚えていれば、確実にどんな場合でも必ず役に立ちます。

sasint / Pixabay

因みに

人間の体はほとんど水分で出来ている為、食べ物がなくても2~3週間は生きられますが、水がまったくない状態だと4~5日で死んでしまいます。

簡易浄水器の作り方

簡易浄水器は実は、材料は本当にそこらへんにあるものばかりで出来ちゃいます♪

  • 水(濁った物など)
  • 小石
  • ティッシュまたは布2づつある方が良い
  • 炭(これが一番水を浄化してくれる物になります)
  • ペットボトル
  • カッターナイフ(ペットボトルを切る為)

★炭は燃やした後の木を砕いたりして代用できます。最初に炭は洗わないと浄化した水が黒くなるので気をつけてください

まず、ペットボトルのキャップにシャワーのように穴をあけます。

ペットボトルのソコの部分を切り取ります。

ペットボトルを逆さまにして

  1. ティッシュ
  2. 小石
  3. ティッシュ

の順番に敷き詰めていきます。

そして出来た浄水器に水を入れると水が奇麗な透明になっていきますが気をつけてください、まだ飲めません!

kboyd / Pixabay

この時の水はゴミは取れたものの細菌が残ったままなので2~3分沸騰させて細菌を殺してから飲んでください^^b

これらは

もしも山の遭難したとしても、活用出来ると思いますので、覚えていて損はないと思われます♪

大きな炭でも良いのですが、細かく砕きましょう。

浄水にとって重要なのは炭の確保です

実は、お勧めではないのですが・・・

ワタクシ

この記事を書く時に、100円均一でちょっとした炭って無いかなって思って探したんです。

炭の代わりになるような物があれば・・・と、その時に見つけたのが

熱帯魚用の浄水の為の炭

小石程度に砕かれており、持っておいたら役に立つかもしれません

と思ったので購入してみましたw

自分で実験はしてないので、保証はできませんが(汗

ひらめいた

ColiN00B / Pixabay

大きな地震で困った時にあれば便利かも?って思いました

それに

市販の炭って焼肉やバーベキュー用で飲料水用に作られた物って、ほとんどありませんからね^^;

非常事態の時に木を焼いて炭にする事を考えると

案外無難かもしれませんw

お勧めはしませんし、保証も出来ませんが・・・

朝つゆ取り

本当にもしもですが、何もなくてどうしようもないなっていう場合でも

布だけあれば大丈夫♪(布もなければ服でもOK)

朝いちばん早い時間・・・たぶん5時くらいかな

外に出ると温度差で草などに水滴がついている時があります。

それらを布で拭いて湿らせて絞ると水の確保が出来ます。

こういうのも知っておくと、突然の災害や遭難の時などには便利ですね^^

朝露はキレイな水だと思うのですが、細菌が気になる方や綺麗な布で朝露を取ってるわけではないという人は沸騰はさせた方が無難でしょう。

災害の時にお腹壊しても困るしね^^;

市販の浄水器を購入する

他にも市販で手ごろで、持ち運びが便利な非常用の浄水器を持っておくという手もありますね

上記が携帯用で重い水を持ち運ぶ事わけではないし、値段も手ごろなので良いのではないでしょうか?

こういった物は

いざという時の為に一家に一つはあっても良いかもしれませんね^^b

まとめ

今はとても平和ですが、令和になってから韓国と日本

アメリカと中国など

どことなく国同士がいがみ合ってるニュースをよくみかけます。

それに

最近は各国に大きな地震がおきているようで

国同士のいざこざもそうですが、日本以外の各国での災害が多いのも気になります。

災害

最近の災害では一か月の雨量が一日でふるかもしれない、大きな災害になるかもしれないと言われた大雨とか大騒ぎでしたよね

実際に亡くなった方もいますし

なんとかなるわって思ってた日常が、いつ非日常になるかわかりません

気をつけるにこした事はありませんが

不安だと思うばかりで心配していても、前には進めません。

災害での予備知識は知っておいても損にはならず、いざという時に役に立つはずです。

非常用のお水や非常食を備蓄するのは良いのですが、それだけだときっと不安になると私は考えます。

なので

何が起きても大丈夫だと思える知恵の情報は大切だと思いました。

こんな不出来な記事ですが、皆様の役にたてば良いなって思います。

最後までお読みいただきありがとうございました

congerdesign / Pixabay

おすすめの記事