rawpixel / Pixabay

皆様が知ってる話もあるかもしれませんが、私が面白いなーって思う不思議だった話をしようと思います。

人が生まれ出てくるまで

人は女性の体の中で10ヶ月を過ごして生まれてきます。

実は人が受精してお腹の中にいる8週間くらいまでは全員女性だったんです。

お腹の中では女性から男性に変異してしまうんだそうで、つまり男性は女性の変異体って事になります。

びっくりですよね(笑)

これは男性の遺伝子が弱い事があげられていて、世界中で男性の遺伝子が減少傾向にあるとか?

って事は何億年もたてば男性は少なくなってしまう・・・かも?

(男性にとっちゃハーレムか?笑)

それにお腹の中で女性から男性に変異するんだから

もしも科学が進んだら、女性が産みたいって方を選べるようになったりしてね?

血の種類

血液型を皆さんは調べた事もあるかもしれませんが、A型とかB型と

か大雑把に4種類ありますRH-やRH+が入ると全部で血液型の種類には8種類という事になりますが

これらは

血の種類を分けているわけでは無いのだそうです。

人の細胞は抗原に包まれています。

自分の血液の中の抗原に

自分の抗原と違う抗原が入ってくると、ラグビーのタックルのように侵入者(抗原)を攻撃します。

この抗原の種類が血液型の種類という事なのです。

例えばA抗原を持っているとA型という事になり、B抗原を攻撃します。

B抗原を持っている場合はA抗原を攻撃する抗体持っている事になり、両方もっている場合はAB型でAに対してもBに対しても抗体を持っていないという事になります。

Aに対してもBに対しても抗体を持っている人がO型になります。

輸血する時の不思議

AB型の人はAやBの抗体を持ってないので、A・B・O・ABのどの血液も受け入れる事が出来ます。

Oは両方の抗体を持っている為、同じO型の血液しか受け入れる事が出来ません。

RH抗体で+の人は-でも輸血できちゃうんですよ

でもね

RH-の人はRH-の輸血だけを受け入れる方が安全なんだそうです。

というのは-の人は+の輸血を受け入れる事は出来るのですが、一生に一度だけなのだそうです。

受け入れてしまうとプラスに対しての抗原を作ってしまって、+の血液を受け入れる事が出来なくなるそうなんです

RH-の人はちょっと大変ですね^^;

血液型で分る病気

血液型といえば一般的には占いが主流だたりしますが、最近になって血液型で病気になる確率が違ってきたという研究結果が出ています。

一番免疫学的に強いのがO型です。順位で言うと

一位O型、二位B型、三位A型、4位AB型・・・なのだそうです。

某医学誌に掲載されていた情報によると

胃がんリスクがO型に比べるとA型は1.2倍高く

膵臓がんリスクがO型よりもB型の方が1.7倍高く

脳卒中リスクがO型よりもAB型の方が1.83倍高い

胃腫瘍リスクがもっとも低いA型に対してO型が1.15倍高いそうです。

もちろん

ガンになりにくいのもO型って事ですよねー羨ましいw←A型

世界中で43人しかいない血液型

上記で血液型の話をしてきましたが、血液型というのはなにも人だけじゃないって、知ってましたか?

植物や動物はては人のお腹の中にいる大腸菌にも血液型が存在してるんですよ。

そんな血液型ですが、誰に対しても輸血が出来る血液型「Rh null」という幻の血液型が存在します。

または「golden blood」(黄金の血)とも呼ばれているそうです。

血液型は赤血球の表面にある抗原によって決まるのは話しましたが、人間の赤血球の表面には最大で342種類の抗原が存在します。

なので、違う血液を輸血するとアレルギー反応を起こして死んでしまうのですが

RH nullはあらゆる抗原を持たないので、あらゆる血液にたいして輸血できてしまうのです。

この血液型はとても貴重で世界中を探して43人しか存在を発見出来なかったんですよね・・・でもね

問題はこの黄金の血を持っている人なんですよね

つまり、一般の人には輸血出来ても、黄金の血を持っている人は同じ黄金の血を持っている人でしか輸血出来ないんですって

これで黄金の血を持っている人43人ですが、輸血しても良いよって人が6人だそうですけど・・・逆に

そんな人らの輸血をお願いすんなよwww

なーんて思うのは私だけですか?

男性のお腹が出産のように大きくなったそのワケは・・・?

海外で起こった実際にあった話なのですが

ある時男性のお腹が妊娠したように膨らんでしましました。

何かオカシイという事で、病院に行ったら

お腹の中に妊娠したように本当に人の影の形が出てきました。・・・男性が妊娠?!

ってなりますよね?

だって胎児のような影なのですもの

その後その男性の事を調べてみたら、もともとは双子だった事がわかり

おなかの中にいた子供は双子のもう片方だったわけです。

その背景には

まれに双子になると片方が吸収してしまう事があるそうなんですね。

よく双子だけどくっついて奇形になったりする事もありますが、そんな感じでしょうか

簡単に説明すると

双子の吸収されてしまった子供が、兄なのか弟なのかお腹の中で30年以上いて、ここに来てお腹の中で大きくなってしまったという事でした。

もちろん

男性はお腹の中の兄?を取り除きましたが

「このような事は知りたくなかった」と言っているそうです。

そりゃ知りたくなかった事実ですよね(汗

以上です

人体って面白いですよね

皆様に面白かったと思っていただけたら嬉しいです

congerdesign / Pixabay

おすすめの記事