不思議な事って昔から興味があって、調べたりしたんですが

今回はタイムトラベルとタイムトラベラーは本当にいたのか?

って話をしてみたいと思います。

アインシュタインの一般相対性理論という理論だと光や空間や時間までも捻じ曲げるとされています。これによりタイムトラベルという空想ではなく、理論上は可能とされていますが

チャップリンという昔の映画に「携帯電話」で話す人がうつってて話題になりました。

もしかしたらトラベラーなのか?ってね

でも、携帯なのか通信機なのか分らないですよね、携帯だとするなら通信基地が無い時代なのだから、宇宙船とかタイムマシンとかからの通信機なんじゃないかなーw

どっちにしろ携帯や通信機材な無い時代の不思議な現象ですよね

ちなみに

普通の重力と一般相対性理論の重力とは違うらしいですね

万有引力だと光は曲がらないはずなのですが、太陽の周りの光は曲がってしまうのは科学的に証明されています

じゃ答えが出ないじゃん?という事になりますが

これが一般相対性理論だと重力は光や空間や時間までも、曲げるとされているので

万有引力で解決できない事象が相対性理論だと解決してしまうのです。

この相対性理論により、タイムトラベルが可能とされているのです。

こういう実験をした人がいます。

高速の飛行機を飛ばし時間を観測したら、時間のズレが起きていたそうです。

つまり光より早く動けばより先の未来へ行けるという理論にたどり着けるわけですね

事実今では、高速の飛行を実験で飛ばしてわずかながらの時差が発生して、タイムトラベルは出来る事とネットでのニュースでも報道されています。

そのうち引き出し開けたらドラえもんが出たりとかありそうですね。

色々とタイムトラベルの事を調べてみたのですが、未来からタイムマシンで来たのか?といわんばかりの事をした人物がいるようです。

20003年にアメリカのアンドリュー・カールシンという名前の男性がインサイダー取引の疑いでFBIに逮捕されてます。

彼は800ドル(8万円)の元手を元に2週間で3億5000万ドル(3億5000万)を株の取引により増やす事が出来たのです。

彼は4時間にわたり尋問され、口にした言葉が

「私は2256年から来たタイムトラベラーです」

と答えたのです。

FBIは話をうのみにしません(そりゃそーですよね)

しかし2002年以降の行動をたどろうとしたら、誰一人として関連情報を得る事が出来なかったそうです。

カールシンが未来からやってきたという記事は2003年2月25日のアメリカの大衆紙「ウィークリー・ワールド・ニュース」に記載されてます。

その他にもアンドリューはイラク戦争を予言して的中しています。

2003年に逮捕された彼はタイムトラベルに関して喋る事は一切ありませんでした。それは未来を変えられる事を危惧し「時空の穴を通ってきた」というほかは何一つ明らかにしませんでした。

FBIはまったく信用する事なく、彼を逮捕して資産を凍結した上で、囚人の島ランカーズ島に送ってしまったのです。

しかし、その2ヶ月後アンドリューの支援者と名乗る人物が保釈金の1億円を支払いアンドリューは釈放されます。

そしてある日忽然と姿を消してしまいました。

ただ残念な事にニュースがフェイクニュースだったようです。

いろんなタイムトラベラーの人物や話がありますが

一番信憑性があるタイムトラベラーのジョンタイター

2000年に突如アメリカの掲示板に現れて2036年の未来から来たタイムトラベラーだと名乗ったのが始まりです。

最初はいたずらでわ?と疑われたのですが、彼が話すタイムマシンの構造が当時の研究者により利にかなっているという事が分り、信憑性が増したのです。

未来人のジョン・タイターは何故2000年にやってきたのかその理由がUNIX時間問題です。

2038年にUNIX時間を使ったコンピューターが誤作動を起こして世界中で大災害が起こる問題です。

その問題を避けるために、1973年に行きIBM5100というコンピューターを回収しに来たという事らしいです。

UNIX時間というシステムが一般的にコンピューターには使われています。

これは今が何年何月という日時を1970年から何秒経過したかを判断するシステムの事を言います。

そのカウントが大きくなりすぎると誤作動が起きるとの事です。

IBM5100に特殊な言語が使われている事は世界でも20人ほどしか知らない、かなり大きな情報だったのにタイターは知っていました。

2004年にIBM5100の開発に携わったエンジニアのボブデューベッカが隠し機能があった事を認めています。

なのでタイターが言っていた事は当たっているという事になります。

それ以外にも

2001年のペル地震

2003年のイラク戦争

中国の宇宙進出

2003年の狂牛病

2005年の新ローマ教皇の誕生

2020年の日本の地図

などがあります、

今は2018年で大きな地震がありましたよね???

あと2020年まで後二年?ちょっと怖いですよね(汗

ただ、ジョンタイターの予言はもっと多く出てました、ただ外れてるんですよね、これはジョンが言うには

世界線が違うから・・・と

そういえばシュタインズゲートのアニメでも描かれてました。

世界線がたくさんあって、どの世界線に飛ぶか分らない・・・と

今回は2人のタイムトラベラーの話をさせてもらったのですが、タイムマシンは実現可能という事なので、いずれタイムマシンは完成するのだと思います。

タイムマシンが出来たら本当に面白いでしょうね

もしかしたら未来からやってきた人が隣にいるかもしれませんね。

MasterTux / Pixabay

 

おすすめの記事