お金が増える

前々から書いていた事なんですが、私は楽天ユーザーです。

楽天銀行から始まり、楽天カードに楽天証券に楽天payや楽天エディも使っていました。

楽天カードを作る時にポイントとエディをつけるかどうか問われるのですが、私は両方クレジットカードにつける事にしたんです。

全部つけてある楽天カードを使ってみて感じた感想はポイントカードは使い勝手が良いけど楽天エディはいちいちチャージしに行くのは面倒でした。

そこでチャージが楽になるようにオートチャージに設定したのですが、今度はこのオートチャージもコンビニに行かないといけなくて無駄に物を買ったりしてしまいお金を浪費していまっていたのです。

しかもクレジットカードの楽天エディ(以下エディ)は、スマホについているpayと違って略歴を見るのが把握しずらい難点もありました。

これは何も考えず使っていたら月末になって「びっくりするくらいの金額になってしまう」という事にもなりかねない。

私はこんな面倒な電子マネーなんていらないっ。

とクレジットカードのエディを使い果たしてエディを空っぽにして「チャージ出来ない設定」にし、それ以降は使いませんでした。(役半年以上使いませんでした)

ですが、最近エディの面白い事を知って少しエディを見直したんですよ♪

考えよう

payと違う電子マネーの特徴その1電波が無くても電池がなくても使える強者!

楽天payとかペイペイとかスマホ決済は電波が無いと使えません。

これは私がスマホのギガを使い果たして実践済みです。

でもスマホのエディは電波が無かろうが電池がなかろうが使えます。

これってびっくりじゃないですか?

正確にはスマホの電池が無くなっても暫くは使えるって事なんですが・・・それでも電波が無くて使えるのは面白いなーって思いました。

そういえばICOCAなどの交通系のカードも電波や電池が無くても出来るタッチ決済ですものね?

 

楽天エディ

楽天エディ 電子マネー

 

payとは違う電子マネーの特徴その2スマホをいじらなくて良いタッチ決済が超楽!

ペイペイや楽天payってスマホの画面をいじってバーコードやQRコードを表示させて決済します。

電子マネーは〇〇payのようにもたもたとスマホを弄ることなくスマホをタッチするだけで決済が終了します。

最近行くイオンに電子マネー付きの自動販売機があるのですが、試しにつかってみました。

スマホをタッチして買いたいジュースを選んだら買いたい商品が落ちてきました♪

すっごい楽でしたヨ♪

旦那は「えっ?ペイペイみたいにスマホの画面出さなくて良いの?」とめっちゃびっくりしていました(←実はドヤ顔していた私)

何?

これは超便利!楽天payアプリに楽天エディが使えるようになりましたよ!

この記事の最初の話でカード型のエディは略歴が見れないから使いすぎが怖い・・・とかっ

いちいちチャージをしにコンビニに無駄な物を買いにいかないといけないから面倒・・・とかって、私は言っていましたよね?

それが楽天payアプリに楽天エディを実装する事で全部問題解決してしまったんですから超がつくほど便利な電子マネーになったんです。

楽天payは楽天カードと繋がっています。

そのまま楽天カードでエディにもチャージが出来てしまいます。

しかも楽天カードのエディは本体がカードなので略歴が見れなかったんですが、スマホに楽天エディが付いた為スマホでエディの略歴が見れるようになっています。

これでいちいちチャージしにいかないといけない面倒も消えて、使いすぎてしまう問題も解決しチャージする手間も消えました♪

楽天payと違ってエディはチャージの金額設定して使う事により、より無駄なお金の使いすぎ防止につながるのではないでしょうか?

楽天も良い所に目をつけてくれましたよね♪

それに今楽天payアプリでエディ設定するとエディ200円分プレゼントがもらえます。

これはチャンスですよね♪

楽天エディ電子マネー

楽天payアプリのエディを使うとポイント貰えるの?

エディは設定をすれば楽天スーパーポイントだけじゃなく「ANAマイル」も貯める事が出来ます。

楽天payアプリのエディは、このマイルは貯める事は出来ません。

楽天ポイントのみになります。

クレジットカードにもエディついてるけど?

おサイフケータイにエディがあったとしても、クレジットカードにエディの残金があったとしても、楽天payアプリのエディはチャージする事が出来ます。

あっちこっちに電子マネーが散らばると収支を把握するのに厄介ですので、一つに絞って使うようにしましょう。

これなら使える!という事で楽天エディを使う事に決定した私

元々私のスマホには楽天payのアプリを入れていました。

エディは使い勝手が悪かったからね(汗

でもこれなら使い勝手が良いです!

だってチャージの金額や、チャージ後の使った後の金額も分かるからエディ使うのに残っている電子マネーの金額が少なくて決済出来ないというコマッタ事も起きないですし、オートチャージでなくても、気が付いたらいつでもチャージ出来るのはもう、「これは便利!」以外の言葉が出ませんw

エディの残金が1500円として、購入商品を3000円分買っていたら恥ずかしい思いをする事になったりしますからね(汗
(オートチャージの場合は大丈夫です)

スマホのアプリがあれば、お店で購入金額を見てエディにするかpayにするか決められるし、エディの残金が分かるのは安心してお買い物ができます。

便利!

 

エディを使うのに注意しないといけない事

期限切れたクレジットカードもスマホも内部に入っている電子マネーがついたままでは本体を捨てる事が出来ません。

それにチャージされたエディを現金にすることも出来ません。

ここで気になるのが、もしもクレジットカードを無くしたり、スマホが壊れたら電子マネーってどうなるの?

じゃないでしょうか?

スマホでの機種の変更の場合

楽天payアプリ内の「メニュー」→「設定」→「機種変更」で電子マネーの資金移動が出来ます。

紛失したり盗難された場合

クレジットカードも楽天payアプリのエディも、第三者の不正チャージを防ぐ為に必ず「チャージサービスの利用停止」をしなくてはなりません。

エディの使用方法は多いので、カード型もスマホ型もそれぞれの利用停止設定をしなければなりません。

事前に楽天エディマイページに登録すると残高の保証可

クレジットカードの残高は保証がないもののスマホなどのおサイフケータイや楽天payアプリでエディを使っていた場合、楽天エディマイページに事前登録していたら保証は可能のようです。

事前に楽天Edyマイページに登録していない場合は、残高の補償はございません。予めご了承ください。

まとめ

よく楽天payと楽天エディとどっちがお得なのか・・・。という問題に「どっちも使ったら良い」という事を他のサイトで良く見るんですが、クレジットカードのエディは使い勝手が悪く面倒で使った金額が分からないのが難点でした。

それは「チャージした金額」「チャージ後の支払い金額」「チャージ後の電子マネーの金額」なども知れるようでないと電子マネーは使いすぎのリスクをおいますし、カード型だとチャージがメンドクサイという事が問題でした。

だからこそ楽天のこの楽天payアプリに楽天エディをつけるという事は「物凄く電子マネーが使いやすくなった」事になります。

楽天payにもお得なキャンペーンがありますが、電子マネーの場合「チャージするだけでもポイントが付く事がある」これも電子マネーの醍醐味です♪

これまでは楽天payアプリでpayを中心に使っていたのですが、今ではpayよりもエディを主体に使っているような感じになってしまいました♪

今の日本には楽天ユーザーも凄く多いと思いますので、この機会に楽天ユーザーは楽天payアプリのダウンロードをお勧めします!

もう~むちゃくちゃ楽で便利ですよ♪

最後までお読みいただきありがとうございました

皆様の利益になれば幸いです

 

ありがとう

おすすめの記事