MasterTux / Pixabay

保存をきかせる為添加物が氾濫してる今日この頃、よくよく調べて見れば危険な添加物もあって、小さい字で書かれててもあまり気にしなかったり

記載されてたとしても発がん性があるって気づかず買って食べてると思いますので、ちょっと調べて見ました♪

これだけは気をつけるべき添加物

 

亜硝酸塩(ナトリウム)=発がん性リスク高

主に発色剤で肉の色をピンク色にしてます。おいしそうに見せる為の物質でハムやウインナーなどに入ってます。これは私も知ってて、ウインナーとか買わないようにしてたのですが、理解してくれない旦那さんとか勝手に買ってきたりしますので、食べないわけにはいかないと思いますが、知識として知ってたら避ける事も可能だと思われますので参考にしてくださいね。

主に入ってる食品

ハム・ウインナー・ベーコン・サラミ・魚肉ソーセージ

作り物っぽいピンク色な物は避けましょう♪

因みにアメリカではベビー食品へのこの添加物の使用を禁止しております。

さすがアメリカですね^^

合成甘味料(アスパルテーム、アセスルファムK)=発がん性・内臓異常のリスクあり

ダイエット用にカロリーゼロで甘味があるものに入ってます。

発がん性物質はもちろんの事でアメリカの研究者により脳腫瘍やリンパ腫白血病のリスクも指摘されております。

主に使用されている食品

ダイエットようにカロリーを抑えた飲み物やお菓子、ノンアルコールドリンク、ガム、アメ、アイスに入ってます。

使用目的は甘味をつける為ですね

タール色素=発がん性と不妊症

胎児に悪影響・・・お腹に子供がいる時に食べると危険なんですね初めてしりました(汗

使用される食品

お菓子、アイス、カキ氷、飲料類、洋酒、清涼飲料水、漬物、福神漬け、紅しょうが、ソーセージ、ハム、ジャム、医薬品

使用目的は着色

補足)外国では禁止されているこの色素ですが日本国内では使用されております。

タール色素の中で使用頻度の高い黄色4号は青少年のキレそれに続く非行の一因として問題視されております。・・・私も子供がお腹にいる時に食べてたかも(汗

安息香酸Na=発がん性、神経障害、めまい、食欲不振

ビタミンCと反応して白血病を起こす物質へ変化する危険性があります。

主に使用される食品

清涼飲料水、栄養ドリンク、エナジードリンク、清涼飲料水、水炭酸飲料、シロップ

使用目的

保存料(細菌、カビを抑えて腐敗を防ぎます)

補足)厚生省で発がん性が認められた添加物・・・認められてる割にはこの文字良く見る気がするのですが(汗

ソルビン酸、ソルビン酸K(カリウム)=発がん性、腎臓肥大、亜硝酸ナトリウムと一緒にとると発がん性リスクが高くなる疑いがあります。

使用される食品

クリーム類、コンビニ弁当、ソーセージ、ハム、チーズ、かまぼこ、ちくわ、はんぺん・漬物、佃煮、煮豆、清涼飲料水、ワイン、ジャム、シロップ

保存料としてしようされてます。

 


これは補足ですが

 

マーガリンやショートニングもトランス脂肪酸がたくさん入っていて、トランス脂肪酸は動脈硬化や心臓病のリスクがとても高くなります。

マーガリンは材料をプラスチックと同じ方法で作るとアメリカの学者が言った為、マーガリンはプラスチックなのだと噂が立ちましたが、トランス脂肪酸が悪い物であってプラスチックというわけでは無いそうです。

因みに市販のお水にも微量なプラスチックが入っていて、売りに出されている93%のブランドにおいてプラスチックの汚染が確認されております。これにより病気になるという報告はされておらず、何故入っているのかも分からない状況で解明されるのはまだまだ先の話になりそうです。

お水はこの話を知って買わないでおこうかと思ったのですが、害の方は報告されてない事から、そんなに気にする事は無いのかなーって思ってます。

でもウインナーとかハムだけは買わないように気をつけてるんですが。れでも旦那さんが悪気もなく買い物かごに入れちゃうんで(あぁ~もー)って思ったりします、

たまに話をしてそれとなく体に悪い物なんやでって言うんですが、煙草より危険じゃないやろって言われるんですよね

・・・煙草より危険な物もあるっちゅーねん!って言ってやりたいです(涙

こういう事から知らない事って、やっぱり危険なんだなぁって思うので、微力ながら皆さんの知識として知っていただけたらって思います^^

おすすめの記事