弱者は我慢しないといけないのか
PublicDomainPictures / Pixabay

AJEL / Pixabay

中学生が大きな犯罪をしてもゆるされる国日本

少し前の事件になるが、20代の女性を同じ20代の男性と18歳の男性、そして中学生の男の子が20代の女性を暴行して現金を奪い、河原に女性を裸で放置したというニュースを見た

女性は河原で泣いている所を発見され保護された

こんなとんでもない事件にネットでは、中学生の顔も出して悪い事をすれば処罰されるという事を教える方が良いと騒いでいた

確かに私もそう思う

はっきり言うと日本は18歳以下の若い子が凶悪犯罪をしたら何故か、法律で守られているおかしな国であることは間違いないだろう

他にも

酷い虐めをして相手を自殺に追い込んだ子供は、親や法律に保護されているようだが、もしそんな子供が罰せられず大人になったらどうなるのだろうか?

親の責任だからと、親が罪を肩代わりしても、きっとその中学生は同じことを繰り返すのではないだろうか?

その悪い事を自分で自覚せずに大人になったら、どうなるのだろうか?

たとえ犯罪だったとしても

バレなければ、「なんとかなる」と思うんじゃないだろうか?

もしも

隣に引っ越してきた一人暮らしの男性が、もしもその中学生が大人になった人だったら・・・

罰せられていない犯罪者が隣に引っ越してきたら

私たちは日本だから安心と思えるのだろうか?

今の日本の法律は

そういう犯罪者予備群を世の中に無造作に放置しているのではないだろうか?

はっきり言って

これほど怖い事はないように、私は思う

若い子供の犯罪率が大きくなれば、それにより法律を変えていかないと、日本は「この国は安全な国です」なんて言えないのではないだろうか

被害者の顔はテレビで無造作に出せるのに、加害者の顔をテレビでどうどうと出さないのは何故なのだろうか?

その辺も日本は加害者を保護して、被害者を傷つけているのではないだろうか?

加害者でもどうしようもない場合もあるだろうが、幼かったとはいえ罪は償ってほしいと心から思う

虐めを無視してきた信用できない大人達

日本のこの弱い人の訴えを無視している事実が日本を作っているような気がする、つまりは事なかれ主義という奴だろう

つい最近の話で、実は私の近所で起きたニュースだったのだけれども

大阪の吹田の小学校で虐めが起きていた

虐められた本人は親に酷い虐めにかかわらず、何も言わず明るくふるまっていたそうだ

この子供は

実は親には言ってなかったのだけれども

「キチンと」学校の先生などの大人に「虐められた」と言っていたそうだ

それにもかかわらず

問題が起きるのを恐れてなのだろうが先生達は「なにもしなかった」のだ

この虐められた子供は、先生に訴えた為よけいに虐められた

この両親には明るく虐められていないようにふるまっていた強い子は、最後はストレスで目が見えないくらいにまでなり

ついに

親に「虐められている」と言ったそうだ

そこから親が動くのだが、親が訴えていても、事なかれ主義の動かない教育者達

それでもコツコツ親が粘り強く教育者に訴え、虐めた子供の親達にも相談し親達で、連携して行動した為、今ではようやく虐められた子供も学校に行けるようになったそうだ

普通は酷い虐めの場合「登校拒否」という事も出来るかもしれないが、これでは被害者が逃げるだけになる

幼い加害者の保護・・・という構図にほかならない

この学校の体制そのものが、加害者を保護しているような日本の法律のように感じるのは私だけだろうか?

つまり虐められた子供は放置で虐めた方は保護

報道でも自殺した人は顔を出してもOKだが幼い犯罪者はNG

という構図になる

幼いからと加害者や酷い虐めをした子供を放置しても

何の問題の解決にもならない

私はそんな日本の法律はダメだと思う

被害者がなきをみるだけの世の中になる

日本の法律を改正して小学生以上であるならば刑罰を与えるべき

この若い子供の犯罪は、将来をダメにするのではなく「チャンス」を与えられるようにする為の刑罰ではなく、更生という事なのだろうけども

時代は変わって

より幼い子供の犯罪率が高くなってしまった

そんな法律はもっと柔軟に変えていくべきだし

よりよい日本にするには、幼かろうが悪い事をしたらダメという事を学ばせないとダメだと思う

ましてや

女性を暴行してお金を奪って、次の日にのうのうと暮らしてるって思うと、本当に今の日本の将来が怖いと思うのは

私だけなのだろうか?

皆様のちょっとした知識になれば幸いです

最後までお読みいただきありがとうございました

Yuri_B / Pixabay

 

おすすめの記事