allinonemovie / Pixabay

血圧ってなぁに

血管への圧力が血圧になるんですが、心臓が押し出す血液が上の血圧で、拡張して血圧の流れが緩やかな時が下の血圧です、波みたいな感じですね。それって凄い事ですよね、血管って地球2週半くらいの距離があるって言いますもの、その圧力を心臓が頑張ってポンプとして働いてくれています。

血圧だけでなく血管も重要

心臓が一生懸命血を巡らそうと頑張ってるのに、血管が詰まってくると血圧が上がってきます。この血管が詰まる事こそ病気になる始まりとなります。血管は年齢と共に硬くなっていきます、その原因が塩分の多い食生活でなる事が大半です。塩分の少ない食生活の地域は高血圧はほぼ無いそうです。

高血圧は神経も圧迫する

神経を圧迫する事で痛みに鈍感になり、傷があっても気がつかず足が壊死したりします。最悪足を切り取る事に・・・

上と下の血圧の差

一般的で健康な血圧は上130で下80って言いますが、血圧は平均して50の差があるのが普通なのですが、まれに下の血圧が下がってて上の血圧が上がってる場合(つまり上160で下60とか)動脈硬化の疑いがあります、つまり心筋梗塞になりやすくなりますので注意が必要です。

どう行った時に上がりやすくなるのか

食事後、お風呂に入っている時、熟睡している時は血圧が低くなり起き上がると急上昇します、もし血圧が少し高いと思われる方は寝起きはゴロゴロした後ゆっくり起き上がることをお勧めします(脳梗塞の予防)。そして何気に気をつけなければいけないのが運動時、特に走ってる時に血圧が上昇しますので、運動をするのであるならば必ず血圧を計ってから、血圧が高いのなら軽めのウォーキング、血圧が高くないのならジョギングという風に時々によって変えて運動してください。後、水中歩行などは足腰に負担が行きにくく、血圧上昇などを抑えられるのでお勧めです。

まとめと予防方法

年齢と塩分摂取量と食生活と生活態度(たばこやお酒など)これらが引き起こす高血圧、ベスト血圧は130/80です。特に親族で糖尿になってる人が居る人は30歳後半からは血圧計を買って常に計ってみる事を強くお勧めします。

血圧が高くても低くても体は不調を訴えます、その訴えを疎かにしてはいけません、その痛みや疲れだるさは信号なのです、私も昔シンドイなぁって思って血圧を測ったら160ありました、焦って色々試してみたんですよね、例えばですが

  1. バナナを食べる=塩分を排出する物質が入ってるから
  2. 納豆を食べる=ナットウキナーゼで血液サラサラに!
  3. 水を飲む=血を薄くして巡りを良く出来るはず!
  4. 歩く=ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれまして、ここを鍛える事で循環を良くする

でも結局は血圧は高いままで、ふと薬局に行った時にサプリを買ってみようと思いまして色々試してみたんですよ、最終的にファンケルの「計圧サポート」が私には合ってたようでメッチャ効きます♪

血圧を測って高い!って思った夜にサプリを飲んで朝も飲んで昼頃には130台に落ち着いてます、すこーしサバ?アジ?っぽい味がしますけど、あれだけ苦労しても下がらなかった血圧を正常にしてくれてるのだから屁でもないです♪

ただ、この効果って人によるかもしれないので、私には効いてたサプリでも、この記事をみている人には効かないかもしれません、でも何もしないよりは小さいサイズで試してみても良いのではないかと思います。

ほっといて私の旦那様のように即入院です!って言われない為にも、糖尿にならないようにする為にも、物は試しにチャレンジしてみてくださいね。

おすすめの記事