貴方は一人じゃない
y

電車などで通勤の人は多いと思いますが人と電車があるなら事故はつきもので、ストレスが多い人などは電車に飛び込んで自殺する人もたびたびニュースになったりします。

この自殺や事故などで電車で被害(線路などの死体の掃除など)家族に賠償金が請求されます。

この賠償金請求された自殺した人の家族はどうなってしまうのでしょうか?気になったので少し調べてみました。

調べる

電車で自殺した場合の賠償金は相続放棄すれば払わなくて済む

私もよく聞いた話ですが、電車での自殺した後の賠償金額は数億円とか聞きませんでした?電車で自殺した人の家族はかわいそう・・・とか、そんなに払わないといけないのなら電車の自殺は止めた方が良いなって思った記憶が私にはあります。

実際は高くても一千万円程度で自殺した人のだいたいの賠償金額が数百万円くらいなのだそうです。

mo-cya
電車で多くの人が迷惑になった割には賠償金が少ない・・・

しかも高額な賠償金だった場合は相続放棄したら払わなくて済みます。

借金が多い人などが亡くなった場合でも相続放棄すれば払わなくて済みます。

ではそうなった場合だと、もしかしてサラリーマンの旦那さんが自殺していたとして保険金が貰えなくなるんじゃない?そうなると残された家族が生きていけないから相続放棄するよりも賠償金を払った方が良いんじゃないかなぁ・・・などと思いがちですが実は、そうではありません。

断る

実は相続放棄しても保険金はもらえる

実は借金などの相続を放棄していても、生命保険金は家族に支払われます。

それは何故か・・・実は保険金の受け取りは本人の財産であって自殺した人の財産ではないからです。

こうなると被害は電車会社だけになってしまいますね!

mo-cya
電車会社は良い迷惑でしょうね・・・

案外電車会社は自殺した人に対して賠償金を放棄されたとしても、ご家族の心によりそって話をしてくる方が多いそうです。

この電車での自殺は賠償金が高いという都市伝説は、電車での自殺の抑止の為ととれる事になります。

電車

本当は賃貸で自殺した方が家族がヤバイ事になる

自殺して賠償金の請求をされるのは電車だけではありません。

電車より多くありそうなのが、部屋で自殺した人・・・

特に賃貸などで自殺してしまった人などは、住んでいた部屋の価値は大きく減少してしまうので家主にとっては大事になってしまいます。

家賃の損害賠償に部屋の回収費用の他に、近隣に慰謝料の請求まである事例があります。

この上記の場合の請求で自殺した人の近隣の人の精神的苦痛を与えたとして賠償請求したそうですが、これは認められませんでした。

家主からしたら他人事で物凄く迷惑だったわけですから、家族は自殺で悲しんでいるのに家主にさらに追い詰められてしまったそうです。

つまり自殺するのに一番後々厄介なのが賃貸での自殺という事になります。

ストレス

賃貸で自殺した後の事を知りましょう

賃貸で部屋を借りた後に自殺してしまった場合、貸したい部屋の借りてが激減する恐れが出てきます。それだけじゃなく家主が借り手に内緒にしておきたくでも、自殺された部屋など借りたい人に8~10年は説明する義務が生じます。

何年借りてがつかなくなるかわらかない上に、近隣も出て行ってしまうかもしれません。

そういった事から賃貸での自殺は家族にも大きく迷惑をかける事になります。

mo-cya
でもまって!賠償金が高額だとしても相続放棄したら良いんじゃないの?

たしかにそうなんですが、事賃貸となると話が少し変わってきます。

賃貸の場合は保証人ではなく、連帯保証人になる人を家族にして賃貸を借りている人もいると思うのですがこの連帯保証人で賃貸を借りた場合、賠償金が高額だからと相続放棄しても賠償金を支払う義務が生じます。

つまり家族が連帯保証人だった場合は賠償責任問題から逃げられません

泣く人

自分を殺してしまう「うつ病」

「うつ病」は酷くなると自殺してしまう人もいます。

うつ病で会社を休んでいて、楽しくしていると「治ったんじゃないの?さぼらないでちゃんと会社に来て仕事してよ」って思う人も多いと思うのですが、実は「うつ病」で少しばかり楽しくしてたからといって「仕事を休んで楽してる」というわけではありません。

病気になって「少し体の調子が良くなっただけ」という事も多いので、うつ病の人が会社を休んで楽しくしていたからといって一概に決めつけるのは良くありません。

「うつ病」も障害年金に認められた立派な精神的の病なのです。

他にも病院に行くのをためらって行かないだけで、本当は「うつ病」になってしまっている人もいるかもしれませんね、そういう人で元気に見える人がある日突然フラッと自殺してしまうのでしょう。

そうならない為にも、自分の心のケアは大切です。

急激に落ち込んだり、精神的に追い詰められた時は誰かに相談しましょう。

家族に話せない場合は電話での相談でも良いでしょう。

厚生労働省では電話相談窓口を設けています。子供の心のケアの電話相談もありますので活用しましょう。

厚生労働省による電話相談窓口

厚生労働省による電話相談
心の健康相談統一ダイヤル 570-064-556
よりそいホットライン(一般社団法人 社会的包摂サポートセンター)
つなぐ・ささえる 0120-279-338
つなぐ・つつむ  0120-279-226
いのちの電話
ナビダイヤル   0570-783-556
フリーダイヤル  0120-783-556
・・・
などなど多くの電話相談を設けています

まとめ

電車での自殺の賠償責任はそんなに多くない金額である事が分かりました。

以外と賃貸で自殺した方が家族や家主など色んな人に迷惑がかかる事も分かりました。

うつ病が自殺をしてしまう原因である事も分かりましたね。

なんだか嫌じゃないですか?死んでまで「迷惑な奴」って思われたら・・・

それに家族は大切な人が自殺した上に家主や他の人に追い詰められるんですよ?という事は自殺というのは自分の嫌な事から逃げてしまうだけの自己中にしかならないのです。

自殺する人の共通点に、誰も自分を必要としていないと考えてしまいがちですが、それは単なる自分だけの思い込みなので、もっと誰かに悩みを打ち明けましょう。

そして今ある自分の命を大切にしてくださいね!

ありがとう

おすすめの記事